令和元年度きみかめ通学合宿

2月12日

カテゴリー:イベント報告

2月8日に令和元年度のきみかめ通学合宿が行われました。通学合宿は生活力を身に着けたり、地域について学んだりするために行われるイベントです。

今年度は、2つのプログラムを行いました。

一つ目は、地元でとれた食材にこだわっての「アウトドアジビエクッキング」です。みんなで調理した野菜はきみかめスタッフが用意した地元産のもの、そしてお肉は昨年の夏に旧香木原小学校を活用してオープンした「猟師工房ランド」から仕入れた君津産のシカ、イノシシの肉でした。野菜調理班は慣れた手つきで全員分の野菜を準備してくれました。そして肉の調理班は、大きなかたまり肉を包丁で切り分けました。また、調理に使う火も自分たちでおこしました。

二つ目のプログラムは「森のクラフトづくり」です。昨年の台風で、きみかめの森では多くの木が倒れてしまい、今もたくさんの枝が積まれたままになっています。気に入った太い枝をノコギリでカットし、それを土台に木の実を使ったクラフトを乗せました。短い時間でしたが、独創的な動物や物語が輪切りにした木の上に作られていきました。

1日という短い間でしたが、とても楽しく、濃い時間となりました。参加していただいたみなさんのチームワークにはきみかめスタッフも驚きでした。ぜひ、ここで体験したことを自分の生活に活かしていってほしいと思います。また、地域について考えるきっかけになっていただけたなら、うれしいです。このイベントにかかわっていただいた皆様、本当にありがとうございました。

きみかめ通学合宿は来年度もまた行う予定です。今年度は参加できなかった方も、ぜひご参加いただければと思います。

(大橋)